· 

ショットのスピードアップ

ストローク、サーブなどで速いショットを打ちたいというのは誰しも思うことですね。ラケットのスイングスピードが上がればショットのスピードも上がります。その為に重いラケットで素振りをする等のトレーニング法があり、それ用の重りが売られていたりします。今回はこれら専用の用具を使わず同等の効果が得られる方法をご紹介します。

 


 

必要な物は普段使っているラケットと、誰もが持っているハンカチです。

写真の様にハンカチでラケットのフェイス部分を覆って結ぶだけでスイングスピードアップのトレーニングに使えます。このラケットを普通に素振りすることで空気抵抗が適度な負荷となり、市販の重り式と同等のトレーニング効果を得られます。4枚目の写真は市販の重りを取り付けた例です。

さらにこの方法ならではのメリットもあります。

・ハンカチは誰でも持っているので特別に用意する必要がない。

・ハンカチ自体は軽いので普段のラケットに近いフィーリングで扱える。

・負荷は空気抵抗なので重り式の様にスイング後の制動(止めること)が必要なく、強く振っても怪我のリスクが低い。

飽きても金銭的負担がないので是非試してみて下さい。