· 

サーブの安定

現代テニスにおいて最も重要なショット、それはサーブです。そしてそのサーブの成否を決めるのはトスといっても過言では無いでしょう。トスが思ったところへ上がらなければサーブが安定するわけがありません。でも一般レベルではこのトスが苦手という方が結構いらっしゃいます。私もその一人でした。誰にも邪魔されずボールを投げ上げるだけなのに、右に行ったり左に行ったりなかなか思うようにいきません。試しに右手(利き手)でやってみると、まあまあ思ったところへ上げることができます。つまり左手が不器用だということで、これは練習するしかないようです。ここで私が試して効果があった方法をご紹介します。

 


 

ボールをまっすぐ上に上げるトスにしろ、放物線を描いて頭の後方に上げるトスにしろ、しっかりと狙った方向にボールを押し上げる事が必要。その時、指に引っかかったり余計な力が入らないような動作を身につける。その為にバドミントンのシャトルを使いました。写真のようにボールの代わりにシャトルを羽を上にして持ちます。そしてシャトルの羽にボールを乗せトスの練習をします。シャトルを使うことで投げ上げるのではなく、押し上げるという意識に変わります。最初は押し上げる感覚が掴めず安定しませんが、繰り返す内にシャトルの羽でボールを押し上げ引っかかることなくリリース出来るようになります。後はこの感覚のままボールを手に乗せてトスすればいいのです。シャトルの代わりに紙を丸めて使ってみても良いかもしれません。トスが乱れる方は騙されたと思ってやってみて下さい。